スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アテネへ移動

9月27日(火)

今日は飛行機でイタリアのローマからギリシャのアテネへ移動する。


6:40、ローマ出発(現地時間)。
9:40、アテネ到着(現地時間)。
フライト時間2時間(ローマとの時差+1時間)。



<ギリシャ共和国>

ギリシャ

首都・・・アテネ
公用語・・ギリシャ語
通貨・・・ユーロ。1ユーロ=約106円(2011年9月)
時差・・・-6:00(4月-10月)、-7:00(11月-3月)

古代より高度な文明を持ち、建築、哲学、数学、天文学などあらゆる分野において優秀な人物が存在していた。周辺地域の文明にも多大なる影響を与えた。

2009年、総選挙による政権交代の結果、前政権による国家の粉飾決算が明らかになった。これがきっかけでユーロ安になり、ギリシャのユーロ離脱やユーロ解体の危機にまで直面している。
ギリシャ政府は巨額な財政赤字への対処のため、大規模な緊縮措置策を検討。国民はこれに反対し、大規模なデモやストライキが頻繁に起こっている。
現在に至るまで大きな進展はない。

この旅26カ国目。




<アテネ>
ギリシャの首都。
古代ギリシャ時代に強力な都市国家(ポリス)として栄えた。







空港から市内までのシャトルバスと直通電車はストライキのため運休していた。

インフォメーションで市内への行き方を聞くと、遠回りだけど乗り継ぎすれば行けるとの事。



電車のシート。

1119.jpg


このシートが今のギリシャの全てを現しているような気がする。





市内中心部、降りたい駅はストライキのため電車は止まらず。次の駅で降りて、そこから炎天下の中歩いた。
ストライキめんどくさっ!!






今日、すぐアテネを出て、次の街テッサロニキに移動しようと思っていたので、バスを探した。

1時間以上、炎天下の中、重いバックパックを背負いながらパス会社を回った。
テッサロニキといえば、ギリシャ第2の都市なのに、扱っているバス会社が全然ない。ストライキ中だからなのかは不明。
15件目くらいでようやく見つけた。でもバスは15:20発。現在15:40。ちょっと遅かった。諦めた。

今日はアテネに泊まって、明日テッサロニキに行く。

宿を見つけて、荷物を置いて、アテネ散策。

とりあえず、アクロポリスの丘へ。


<アクロポリスの丘>
聖域であると共に、都市国家防衛のための要塞としての役割を担っていた丘。
パルテノン神殿(町の守護神アテナを祀った神殿)をはじめ、古代ギリシャの遺跡が数多く残る。



1120.jpg


パルテノン神殿まで距離がありそうだったので、行くのをやめた。下から眺めただけ。







アテネは他のヨーロッパと比べて物乞いが多い。

バイクのノーヘル率高い。アジアに近いからか?

街の雰囲気もなんとなくアジアを感じた。










スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ギリシャ.01-アテネへ移動

ローマへ移動

9月26日(月)

相変わらず身体はかゆいけど、だいぶ良くなってきた。
でもタイで買った薬がもうすぐなくなる。
新しいものを購入せねば。





今日はローマへ帰る。電車の時間までちょっとだけフィレンツェ観光。


1116.jpg

1117.jpg

1118.jpg









駅にあった薬局でかゆみ止めの薬購入。
店員にタイで買った薬を見せて「同じ物ください」と言うと、「同じものはない。これならあります」といって出してきたものを買った。





チケットにスタンプを押して、電車に乗り込んだ。


11:15、フィレンツェ出発。

今回は検札がなかった。

15:20、ローマ到着。




明日の早朝の便でギリシャのアテネへ飛ぶので、今日は空港に泊まる。

カフェで時間を潰してから、電車で空港へ。



空港のインフォメーションで「今日ここに泊まりたいんですけど」と言うと「ここはクローズするから、第3ターミナルへ行ってください。そこは24時間空いています」と言われた。

第3ターミナルに移動。

隅っこの床で寝袋を敷いて寝た。

人生初の空港泊。










テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.05-ローマへ移動

ピサの斜塔

9月25日(日)

15:00、フィレンツェ出発。
15:40、ピサ到着。

ピサ駅から歩いて20分ほどでピサの斜塔到着。

<ピサの斜塔>
ピサにあるピサ大聖堂の鐘楼。
1173年に着工されたが、工事中にすでに地盤沈下による傾きが出始めていたため、塔の中心軸を修正しながら建設し、1372年にようやく完成した。
1990年から2001年にかけて傾きの進行を防ぐ工事が行われた。今後300年は倒れる危険はないとされている。
ガリレオが落下の実験を行った場所として有名だが、真実か否かは定かではない。
斜塔や他の建築物が建つ広場”ドゥオーモ広場”が世界遺産に登録されている。
【入場料:15ユーロ】




1103.jpg

1104.jpg

1105.jpg




いたるところに、このように塔を支えるようなポーズで写真を撮っている人がいる。

1115.jpg










ピサの斜塔の入場チケットを買った。内部への入場者数は制限されているため、チケットを買ってもすぐに入れるわけではない。
16時頃買って、入場できるのは17:40からだった。

1106.jpg





階段を登っている時は分からなかったけど、外に出ると傾きを感じた。

1107.jpg

1108.jpg

1109.jpg

1110.jpg

1111.jpg

1112.jpg

1113.jpg

1114.jpg






いろんな塔に登って来て、若干"飽き"を感じてきていたけど、この塔は好き。傾きを感じる事が出来たり、上からの景色もキレイで、よかった。












テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.04-ピサの斜塔

フィレンツェへ移動

9月25日(日)

タイで買った薬が効いたのか、発疹の赤みが薄くなってきた。
かゆみも少し治まってきた。





今日は電車でローマから花の都フィレンツェに移動してピサの斜塔を見に行く。
チケットは購入済み【17.35ユーロ(約1,840円)】


6:50、ローマ出発。


30分後、車掌が検札に来た。
チケットに"スタンプ”がない事を指摘された。



ヨーロッパの幾つかの国では日本と電車の乗り方が違う。電車に乗る時は、券売機でチケットを購入し、自分でホームなどにある機械でチケットに日付けの入ったスタンプを押してから乗る。チケットに日付けは印刷されてないので、スタンプを押さなければ、何回でも同じチケットが使えることになる。そこでチケットの不正使用を防ぐために、車掌が検札に来る。スタンプがなかったら罰金。



スタンプを押し忘れてしまった!
罰金50ユーロ請求してきた!

イタリア版新幹線でのローマからフィレンツェの値段は45ユーロ。所要時間1時間半。
今乗っている電車は普通列車で17.35ユーロ。所要時間4時間。
罰金で50ユーロも取られたら、高くて遅い電車に乗ったことになってしまう。それは回避せねばならない。

必死に「スタンプのシステムなんて知らなかった」ということを訴えた。
でも車掌は「イタリア鉄道のポリシーだ。50ユーロ払え」と言って、全く埒が明かない。

しょうがないので、観念して罰金を払う意思を見せることにした。でも、この時現金で50ユーロ持っていたけど、持ってないということにした。「クレジットカードで払う」と言ってカードを出した。
でも車掌は「クレジットカードじゃだめだ。現金だ」と言ってくる。
よし。予想通り。
車掌がよそ見をしている間に、財布から50ユーロを抜き取って、ポケットに隠した。そして車掌に財布を広げて見せて「ほら、現金持ってない」とアピール。

しばらくして、駅に到着。
「降りろ」と言われた。

電車を降りると、その駅の駅員にパスポートを見せるように言わた。駅員は何やら書類を書いて、「行ってよし」。
最悪の場合、「銀行でお金下ろしてこい」とか言われたり、警察が来たりするかもしれないと思っていたけど、何もなかった。

50ユーロ払わずに済んだ。








この後、この駅で、持っていたチケットにスタンプを押して、次の電車に乗ってフィレンツェに行った。


10:40、出発。

検札クリア。

13:25、フィレンツェ到着。


<フィレンツェ>
花の都フィレンツェ。
街全体が美術館と言われるほど美しい街。
英語ではFlorence(フローレンス)という。





宿に荷物を置いて、さっそく電車でピサの斜塔があるピサへ向かった。










テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.03-フィレンツェへ移動

バチカン市国

9月24日(土)

朝起きたら発疹の数、大きさ、赤さが増していた。
かゆい。昨日よりかゆい。
タイで買った薬を塗った。




かゆみと闘いながらバチカン市国へ行った。


宿を出てから歩いて30分ほどでバチカン市国到着。

<バチカン市国>

バチカン市国

首都・・・バチカン
公用語・・ラテン語
通貨・・・ユーロ。1ユーロ=約106円(2011年9月)
時差・・・-7:00(4月-10月)、-8:00(11月-3月)

人口わずか800人余りという世界一小さな国。ローマ市内に存在する。
1860年にイタリア王国が誕生するまで、イタリアはいくつもの国家が乱立していた。当時、現在のローマ市はローマ教皇(カトリック教会の最高聖職者。法王ともいう)の領土だったが、少数国家を統一しイタリア王国建国するため、イタリア軍はローマ教皇の領土の大部分を奪った。その際、ローマ教皇はバチカンに立て篭もり、独立を訴えた。そして1929年、イタリアと和解し、正式に独立国家となった。
世界に11億人いるといわれているカトリックの総本山。
国全体が世界遺産に登録されている。

バチカン市国の国旗は、世界でただ一つ、正方形と定められている。

この旅25カ国目。






違う国に来たのにそんな感じは全くしない。
ビザなんていらなし、入出国審査自体ない。
散歩がてら、ふらっと隣の街に来た、という感じ。




<サン・ピエトロ寺院>
バチカン市国内にあるカトリック教会の総本山。
サンガッロ、ラファエッロ、ミケランジェロらの設計のもと、1626年に完成した。
世界最大級の教会建築。
世界遺産
【無料】



1094.jpg

1093.jpg

1095.jpg

1096.jpg

1097.jpg

1098.jpg

1099.jpg

1100.jpg

1101.jpg

1102.jpg




さすが総本山。
豪華。
ピカピカでツルツルの大理石で造られた柱などに、虫に噛まれて赤くなっている部分を当てると、ひんやり冷たくて気持ち良かった。









テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : バチカン市国.01-バチカン市国

ローマ散策&南京虫地獄スタート

9月23日(金)

今日はローマ散策する。

<コロッセオ>
古代ローマ帝国の繁栄を象徴する円形劇場。
西暦80年完成。製作期間は5~8年。収容人数5万人。
猛獣vs人間、人間vs人間などの催しが行われていたが、6世紀半ばにキリスト教徒によって催しは廃止された。
その後、ローマ帝国の衰退に伴い、コロッセオの部材は他の建築物の資材として持ち去られ、現在のような姿となった。
【入場料:12ユーロ】




1085.jpg

1081.jpg

1082.jpg

1084.jpg





一部、当時の競技場を再現し復元されている。


1083.jpg










<フォロ・ロマーノ>
古代ローマの共和制時代に政治、裁判、商業取引などが行われていた市民生活の中心地。
”フォーラム”という言葉の語源。
【入場料:コロッセオと共通券】



1086.jpg

1087.jpg








<真実の口>
教会の外壁に飾られている石の彫刻。
元々は下水溝のマンホールの蓋だった。
偽りの心を持つものがこの彫刻の口の中に手を入れると、手を切り落とされる、噛み切られる、抜けなくなる等の伝説がある。




みんな口に手を入れるために並んでいる。

1090.jpg




僕にはそんなベタなことは出来なかった。
見ただけで帰った。


1089.jpg

1088.jpg







<トレビの泉>
ローマにある最も巨大なバロック時代の泉。
後ろ向きにコインを投げ入れると願いが叶う言い伝えがある。



1091.jpg

1092.jpg


人が多過ぎ。












なんか手と足がかゆい。
ポツポツと赤い発疹が出てきた。
ベッドに虫がいるかもしれない。

地獄の1週間が始まった。












テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.02-ローマ散策&南京虫地獄スタート

ローマへ移動

9月22日(木)

今日は飛行機でスペインのバルセロナからイタリアのローマに移動する。
チケットは購入済み。【91.49ユーロ(約9,700円)】


13:45、バルセロナ出発。
15:15、ローマ到着。飛行時間1時間半。


<イタリア>

イタリア

首都・・・ローマ
公用語・・イタリア語
通貨・・・ユーロ。1ユーロ=約106円(2011年9月)
時差・・・-7:00(4月-10月)、-8:00(11月-3月)

伝説によると紀元前753年にローマ建国。その後、ローマ帝国として発展していく。
小国のバチカン市国とサンマリノ共和国の領土を取り囲んでいる。

この旅24カ国目。




<ローマ>
イタリアの首都。
ローマ帝国の中心地として古代より栄えてきた。
バチカン市国の領土を取り囲んでいる。




電車でローマ中心部のテルミニ駅へ。

予約しておいた宿にチェックイン。
荷物を置いてちょっとだけローマ散策。





夕方のコロッセオ。

1080.jpg




真っ暗になる前に帰った。












テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.01-ローマへ移動

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。