スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィレンツェへ移動

9月25日(日)

タイで買った薬が効いたのか、発疹の赤みが薄くなってきた。
かゆみも少し治まってきた。





今日は電車でローマから花の都フィレンツェに移動してピサの斜塔を見に行く。
チケットは購入済み【17.35ユーロ(約1,840円)】


6:50、ローマ出発。


30分後、車掌が検札に来た。
チケットに"スタンプ”がない事を指摘された。



ヨーロッパの幾つかの国では日本と電車の乗り方が違う。電車に乗る時は、券売機でチケットを購入し、自分でホームなどにある機械でチケットに日付けの入ったスタンプを押してから乗る。チケットに日付けは印刷されてないので、スタンプを押さなければ、何回でも同じチケットが使えることになる。そこでチケットの不正使用を防ぐために、車掌が検札に来る。スタンプがなかったら罰金。



スタンプを押し忘れてしまった!
罰金50ユーロ請求してきた!

イタリア版新幹線でのローマからフィレンツェの値段は45ユーロ。所要時間1時間半。
今乗っている電車は普通列車で17.35ユーロ。所要時間4時間。
罰金で50ユーロも取られたら、高くて遅い電車に乗ったことになってしまう。それは回避せねばならない。

必死に「スタンプのシステムなんて知らなかった」ということを訴えた。
でも車掌は「イタリア鉄道のポリシーだ。50ユーロ払え」と言って、全く埒が明かない。

しょうがないので、観念して罰金を払う意思を見せることにした。でも、この時現金で50ユーロ持っていたけど、持ってないということにした。「クレジットカードで払う」と言ってカードを出した。
でも車掌は「クレジットカードじゃだめだ。現金だ」と言ってくる。
よし。予想通り。
車掌がよそ見をしている間に、財布から50ユーロを抜き取って、ポケットに隠した。そして車掌に財布を広げて見せて「ほら、現金持ってない」とアピール。

しばらくして、駅に到着。
「降りろ」と言われた。

電車を降りると、その駅の駅員にパスポートを見せるように言わた。駅員は何やら書類を書いて、「行ってよし」。
最悪の場合、「銀行でお金下ろしてこい」とか言われたり、警察が来たりするかもしれないと思っていたけど、何もなかった。

50ユーロ払わずに済んだ。








この後、この駅で、持っていたチケットにスタンプを押して、次の電車に乗ってフィレンツェに行った。


10:40、出発。

検札クリア。

13:25、フィレンツェ到着。


<フィレンツェ>
花の都フィレンツェ。
街全体が美術館と言われるほど美しい街。
英語ではFlorence(フローレンス)という。





宿に荷物を置いて、さっそく電車でピサの斜塔があるピサへ向かった。










スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イタリア.03-フィレンツェへ移動

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。