スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闘牛

9月18日(日)

スペインと言えば闘牛。今日は闘牛を観に行く。

朝、スペインで一番権威のある闘牛場、ラス・ベンタス闘牛場でチケット購入。【当日券10ユーロ(約1,060円)】


<闘牛>
スペインの国技。
闘牛士が赤い布で牛を巧みにかわし、剣を突き刺す。その華麗さによって称賛や賞金を得る。

何人もの人間が寄ってたかって牛に槍や剣を刺し、死に至らしめるの様を見世物として披露する行為が「残酷だ」という理由で、近年批判が強まっている。
バルセロナがあるカタルーニャ州では2012年以降、州内での闘牛を禁止する法案が可決された。
「残酷だ」とする闘牛に対するスペイン人の意識の変化に加え、大衆娯楽がサッカーに取って代わられたこともあり、近年の闘牛の衰退ぶりは激しい。




会場に入ると、係りの人が座席まで案内してくれた。早めにチケットを買ったからか、前から2列目だった。
会場は空席が目立つ。

1024.jpg






20:30、開会式のようなものが始まった。

1025.jpg









太鼓とラッパの合図で牛が登場。

1026.jpg









しばらくして、体は鎧で防御し、目隠しされた馬に乗った人が槍を持って登場。

1027.jpg

1028.jpg






牛に近づいて馬の上から槍を背中に刺す。






太鼓とラッパの合図で退場。


退場する時、槍は赤く染まっていた。

1029.jpg







次に人が2本の短い槍のようなものを持って登場。
ポーズをとりながら牛に近づき、その2本を牛の背中に刺す。

1030.jpg




刺した後、牛に背中をむけて全力で逃げる姿がかっこ悪い。

1031.jpg






合計3人に刺される。全部で6本。
刺されたものは抜けず、血が流れ続けるような仕組みになっている。

1032.jpg










牛が背中からたくさんの血を流し、弱りに弱った所で、ようやく主役のマタドール登場。

まずはポーズをとりながら赤いマントで牛をもてあそぶ。その時、客席から「オレ!」の掛け声。

1033.jpg






その後、剣を受け取って、牛の背中に刺す。刺したら牛が怒って襲いかかってくるので、周りの人が何人かで牛の注意を引く。その間にマタドールがさっきより短い剣を受け取る。そして最後にそれを牛の脳天に突き刺す。牛は即死。倒れてあしがピーンとなるので、死んだことがすぐ分かる。(この時、すぐに倒せないとブーイングが起こる)

拍手と共に、マタドール退場。その間、周りの人が脳天に刺された剣をえぐり、完全にとどめを刺す。
太鼓とラッパの音楽と共に馬がやって来て、牛は馬に引きずられながら退場する。

1034.jpg

1035.jpg













闘牛とは、"1人の人間が1頭の暴れ牛に勇敢に立ち向かっていく"というイメージだったけど、"1頭の牛が何人もの人間に勇敢に立ち向かっていく"という風にしか見えなかった。




闘牛は確かに残酷だった。
いくら伝統文化とはいえ、これは廃止になってもやむを得ないと思う。















スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : スペイン.03-闘牛

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。