スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラオスの子供達とiPhone

1月22日(土)

宿の近くのお寺に行った。
そこの日陰に座ってiPhoneを触っていた。

すると、3~7歳くらいの子供たち5人がやってきた。子供たちはYの字の形をした木にゴムをつけた物( いわゆるパチンコ )で石を飛ばして遊んでいた。どこの国の子供も遊び道具は同じなんだなと思った。


子供たちはすぐにこっちに来て、iPhoneを勝手に触りだした。
最初は横から指で適当に画面を触るだけだったけど、そのうち僕からiPhoneを取り上げていじりだした(何かあったらすぐに取り返せるように、ケースに付けてあるストラップは常に握ったまま)。
設定など触ってほしくないところを触った時だけ注意して、基本的にはほとんど子供たちに好き勝手に触らせていた。



すると100個以上ある様々なアプリの中からゲームのアプリを見つけ出し、遊びだした。
5人の子供たちはちゃんと順番を決め、ゲームオーバーになったら次の人に交代していた。


ときどき間違ったボタンを押してゲームのアプリが終了してしまっても、またゲームのアプリをすんなり見つけ出し、遊び始める。すっかりiPhoneを使いこなしていた。




子供の順応性(?)の高さと、iPhoneの誰でも直感的に操作できるユーザーインターフェイスの素晴らしさに感心させられた。





子供達はだんだん上手になってきて、ついに僕も出したことのない高得点を叩き出してしまった。



2時間近く遊んでいたので「もうFinishだ」とiPhoneを取り上げようとしたら、「もうちょっと、もうちょっと」と言ってきた(たぶんそう言っていたんだと思う)。
最後に1人1回ずつだけやらせてあげて、子供たちとバイバイした。




宿に戻って、子供に更新されたスコアを再び更新すべく、同じゲームをやった。
5,912点を叩き出し、更新した。 (子供は4,200点)




ラオスの子供達にも大人気だったゲームはこれ↓
http://itunes.apple.com/jp/app/ninjump/id379471852?mt=8#
iPhoneユーザーはダウンロードすべし。






スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.12-ラオスの子供達とiPhone

パクセーへ移動

1月20日(木)

バスステーションでパクセー行きのチケット購入。

9:00、出発。

14:30、到着。



パクセーではメコン川にかかるきれいな夕日に出会えた。

【夕日】
0199.jpg





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.11-パクセーへ移動

タイビザ取得

1月19日(水)

ビザの受け取りは14:00~14:30。
14:00ちょうどにタイ領事館に行った。

英語とラオス語で番号が呼ばれる(機械の声)。呼ぼれたら窓口に行く。


無事タイビザGET。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.10-タイビザ取得

タイビザ申請

1月18日(火)

サワンナケートにはタイ領事館がある。昨日知った。
これはラッキー。
何故なら、タイは空路で入国する際はノービザの場合滞在可能日数は30日だが、陸路の場合は15日。タイではインドビザの取得や再発行したクレジットカードを受け取るという作業をしなければならないので、15日というのはちょっと不安だった。
ビザを取っておけば最低でも3ヶ月はタイに滞在できる。
しかも近年のタクシン派や反タクシン派による騒動の影響で訪タイする外国人が減少しているので、それに対する対策として今はビザ取得料が無料なのである。通常は800バーツ(約2,100円)。

ルート変更してサワンナケートに来てよかった。



ビザの申請は9:00~11:00。
10:30に行ったら、並んでいる人はたった5人。さすがサワンナケート。
申請用紙をもらって、その場で記入し、写真2枚とパスポートとパスポートのコピーを渡して申請完了。



受け取りは明日の午後。




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.09-タイビザ申請

サワンナケート

1月17日(月)

サワンナケートはとくに何もない街。
観光客も少ない。



川の向こう側はタイ。

【向こう岸はタイ】
0198.jpg


高いビルが見える。
さすがタイ。
ラオスにはない。
でもラオスの方が好き。




道を渡ろうとすると、渡り終わるまで車が止まって待っていてくれる。
ものすごく感動した。
日本では当たり前のことだけど、ベトナムやカンボジアやタイではありえない。道を渡るときは命懸け(特にベトナム!)。そこに譲り合いという言葉は存在しない。でもラオスには存在した。





サワンナケートには野良犬が多い。
それも、やたら吠えてくるうるさい犬が多い。





続きを読む

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.08-サワンナケート

ラオス - サワンナケートへ移動

1月16日(日)

7:00、バス出発。

8:30、僕だけバスから降ろされる。
他の乗客は何かのツアーに参加する人達らしい。

9:00、やって来たワゴン車に乗り国境を目指す。
他の乗客は全員ベトナムの人と思われる。
途中でお客さんを拾いながら走る。狭い車内に何人も詰め込まれる。

11:00、国境到着
乗ってきた車は国境の先(ラオス側)には行かないらしい。
僕の目的地は国境ではなくラオスのサワンナケートで、そこまでの料金を支払っているため、国境を越えた後どうすればいいのか運転手に聞いた。しかし英語が通じない。するとどこからか、バイクに乗ったおっさんがやって来た。このおっさんに付いていけばいいのかなと思い、よく分からなかったけど付いて行くことにした。でもおっさんはすぐにスピードを上げて走っていき、見失ってしまった。




今までの国境越えは、国際バス等で欧米人など大勢の旅行者と一緒に越えることが多かった。
しかし今回は周りに旅行者らしき人は見当たらない。
いるのはここを通ることを生活の一部としているような、数人の地元の人達のみ。
大きなバックパックを担いでいるような者は自分一人だけ。

ちょっとテンションが上がった。



【ベトナム側国境】
0195.jpg



【ラオス側国境】
0196.jpg




ラオス側に入ったとたん、明らかに空気が変わったような気がした。
ベトナムの喧騒から解放され、ラオスののどかな空気に包まれた。
その瞬間「やっぱりラオスが好きだ」と思った。



入国手続きを終えると、どこからともなくバイクのおっさん再び現れた。
そしてバイクの後ろに乗せてもらいバス乗り場まで移動。
僕が乗るべきバスに案内してもらい、手続きもしてもらって、おっさんとお別れ。




バスには通路や座席の足元に、玉ねぎやニンジンなどの野菜やその他いろいろなものでぎっしり。


【バス車内】
0197.jpg



通路を通るときはこれらを踏んでいく。
屋根にも大量に積んでいた。



車体はミシミシ、ギシギシ盛大な音を鳴らしているけど、エンジンは今にもエンストしそうな弱々しい音を鳴らしていた。


ベトナムとは違い、あまり飛ばさない。他の車やバイクもそれ程飛ばしてない感じだった。
クラクションもあまり鳴らさない。 鳴らすときは牛などの動物が道にいる時ぐらい。



18:00、サワンナケート到着。




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.07-ラオス-サワンナケートへ移動

再びビエンチャンへ

12月5日(日)

今日は再びラオスの首都ビエンチャンへ戻る。
なぜ戻るかというと、狂犬病の3回目とA型・B型肝炎の2回目の予防接種をバンコクで受けるため。最初はチェンマイで受けるつもりだったけど、色々検討した結果、前回受けたバンコク病院で受けることにした。


7:00、宿をチェックアウトし、トゥクトゥクに乗ってバスターミナルに向かう。
受付で昨日購入したチケットを渡し、チェックイン。この時座席が決まる。
バスに乗り込み、自分の座席を探す。
座席番号はマジックによる手書き。消えかかっているものもいくつかある。

8:30、予定通りバス出発。

出発して1時間、バスが止まった。休憩には早過ぎる。
バスのドライバー達がバスを降りていくつかの工具を持ってバスの後方へ行った。
ちょっと不安になる。

その待ち時間の間、衝撃的なもの目撃した。
バスのすぐ横でおばちゃんがズボンをおろしておしっこしていた。
バスの乗客からは完全に丸見え。
ラオスにはトイレが少ないから郊外では外で用を足すことは普通なことらしいが、こんなに堂々とするものなのか・・・?


バスは無事走り出し、快調に飛ばす。

18:00、無事ビエンチャン到着。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.06-再びビエンチャンへ

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。