スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールへ移動

4月5日(火)

今日は約1ヶ月半過ごしたインドに別れを告げ、ネパールへ移動する。
久々に陸路での国境越え。



宿チェックアウト後、スィリグリー行き乗り合いジープ乗り場へ。
やって来たジープに値段を聞き、乗り込む。【100ルピー(約200円)】


8:15、ダージリン出発。
11:15、スィリグリー到着


リクシャーや乗り合いジープの客引きがたくさん寄ってきた。
みんなカーカルビッタ行きは200、300ルピーと行ってくる中、1人だけ60ルピーと言ってくる人がいたのでその人について行った。
普通の乗り合いジープだったのでそれに決めた。【60ルピー(約120円)】


11:45、スィリグリー出発。
13:15、インドの国境到着。出国手続き。
再びジープに乗り込み国境を越える。


ネパール側国境の街、カーカルビッタでネパール入国手続き。
ネパールはビザが必要なのでその場で申請。即、取得(1ヶ月のもの)。【2300ルピー(約4,430円)】



晴れてネパール入国。
この旅、7か国目。
日本との時差:-3時間15分、インドとの時差:+15分。



ネパールの首都、カトマンドゥまでのバスチケット購入。【550ルピー(約1,060円)】


15:00、カーカルビッタ出発。



カーカルビッタからカトマンドゥまでの道は、この旅始まって以来のものすごい悪路だった!
道はボコボコの穴だらけでバスはジャンプしまくり。
乗客も車内でジャンプしまくり。
どこかに掴まってないとふっ飛ばされそう。


14時間の長い旅が始まった。






スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.56-ネパールへ移動

タイガーヒル

4月4日(月)

今日はタイガーヒルという丘から、朝日によって金色に染まるカンチェンジュンガを見に行く。
条件がよければエベレストも見えるという。

カンチェンジュンガとは世界第3位の高さを誇る山。
ちなみに1位はエベレスト、2位はK2。






4:00、起床。
4:25、外出。


外は真っ暗。寒い。
歩いて乗り合いジープ乗り場まで行き、タイガーヒル行きの車に乗り込み、タイガーヒルへ。




車はヘッドライトが付いたり消えたり。
真っ暗な中、ヘッドライトが消えた車でワインディングロードをひたすら登る。



20~30分で展望台到着。


まだ辺りは暗い。

0507.jpg





周りにはチャーイを売っているおばちゃんたち。
チャーイはポットから小さなプラスチックのコップに注いで売る。
インド人達はチャーイを飲み終わると、プラスチックのコップは展望台から投げ捨てる。
きれいな山にはプラスチックのコップが散乱している。
きれいな景色を見に来ているくせに、自らきれいな景色を破壊するインド人たち。






雨がポツポツ降ってきた。



カンチェンジュンガが見える気配は全くなし。

0508.jpg

0509.jpg





最後は土砂降りに。




結局、何も見えなかった。
早起きしたのに。





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.55-タイガーヒル

タントゥク

4月3日(日)

ダージリンにはチベット系の人も多く住んでいる。
チベット料理が食べれるレストランもたくさんある。



昼、ビーフタントゥクを食べた。
タントゥクとはチベット風のきし麺のようなもの。
なんでもカレー味のインド料理に飽き飽きしていた僕には、タントゥクがあまりにもうま過ぎて泣きそうになった。








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.54-タントゥク

トイ・トレイン

4月2日(土)

<トイ・トレイン>
1881年開業のアジアで最も古い登山鉄道。
正式名称は”ダージリン・ヒマラヤ鉄道”だが、車両は小さく、速度も遅いため、まるでおもちゃのようなので”トイ・トレイン”と呼ばれている。
世界遺産。





初めはこの電車に乗るつもりだったが、予約がいっぱいでチケットを買うのは大変らしいし、走っている姿を見たら満足したので乗らなかった。


0389.jpg

0390.jpg












テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.53-トイ・トレイン

ダージリン到着

4月1日(金)

6:30頃、目を覚ました。
どこかの駅に到着していた。周りの人に聞くとニュージャルパイグリ駅だった。慌てて降りた。


外は寒かった。北に来たんだと実感。


乗り合いジープの客引きがきた。ダージリンまで150ルピー(約270円)。付いて行った。
すでに乗客3人いたが、まだまだ乗せるらしく、運転手はまた客引きに行った。



ジープが客でいっぱいになって、8:00出発。
道はアスファルトで舗装されているが、ボコボコの穴だらけ。道はグネグネ。




途中で地元住民と思われる人を何人か降ろした。

そのとき撮影。
荷物は車の上に積む。

0387.jpg





トイトレインのものと思われる線路があった。
噂通り、幅の細い線路だった。

0388.jpg






11:30、ダージリン到着。





街の雰囲気は全然インドっぽくない。
日本人と顔が似ているネパール系の人が多い。インド人は少ない。
若者は日本でも見かけるようなファッションの人が多く、おしゃれな人が多い。
道は比較的綺麗。ゴミが少ない。臭くもない。
道に唾を吐く人が少ない。
牛がいない。




ダージリンは頻繁に”ゴルカランド運動”と呼ばれる独立運動をやっているらしい。
現在ダージリンが属している”西ベンガル州”からの独立を訴えてのもの。
西ベンガル州はコルカタも属している州。



独立の悲願が達成出来ればいいなと思う。
ここは明らかに他の地域とは違う。


ダージリンが気に入った。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.52-ダージリン到着

ダージリンへ移動

3月31日(木)

11:30、宿チェックアウト。



19:00、電車到着。
19:35、予定通り出発。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.51-ダージリンへ移動

コルカタ

3月30日(水)

<コルカタ>
インド第4の人口を持つ大都会。道路は渋滞が激しい。




コルカタではマザーテレサの施設”マザーハウス”でボランティアを経験しようと思っていたが、やめた。
コルカタは2泊だけで、すぐに抜けることにした。




パークストリート墓地に行った。
イギリスによるインド統治時代の偉いイギリス人たちのお墓がたくさんある。
形や大きさは様々。

0379.jpg

0380.jpg

0381.jpg

0382.jpg

0383.jpg

0384.jpg

0385.jpg

0386.jpg









テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : インド.50-コルカタ

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。