スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルアンパバンへの道

11月30日(火)

ルアンパバンとはラオスの京都と呼ばれている街。
多くの寺院がある、ラオスの古都。
バンビエンの北、バスで約5時間の所にある。


ルアンパバンから来た日本人に話を聞くと、ルアンパバン-バンビエン間の道はかなり酷いらしい。
道は舗装されているが、カーブがきついグネグネ道ばかりだとのこと。
吐いたという人もいた。


この世界一周の旅で一番不安だったのは、言葉でも食べ物でもトイレでも強盗でも殺人でもなく、乗り物酔い。
旅立ち前、世界一周経験者や旅の達人たち会って質問したことといえば「バスとかで酔った時はどうしてますか?」ということばかり。
帰ってきた答えは「俺(私)、酔わないし」ばかり。
何の参考にもならず。

とりあえず、大量の酔い止め薬を持ってきた。


バス出発予定時間の30分前に酔い止め服用。

予定より30分遅れの10:30、バス出発。

前半はそれ程カーブもなく、余裕の道だった。
が、後半、山道に入ったのかカーブとアップダウンが激しくなってきた。

確かに噂通りの酷い道だった。

何回かの休憩を挟みつつ、17:30頃ルアンパバン到着。


結果:全く酔わなかった!

酔い止めの効果か、それとも僕の三半規管がたくましくなったのか。
何れにしろ、この旅の不安要素が1つ無くなってよかった。





スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.03-ルアンパバンへの道

バンビエン

11月28日(日)・29日(月)

ラオスの首都ビエンチャンから、バンビエンに向けてVIPバスで移動。
VIPバスとは名ばかりで、車内は汚い、エアコンは効かない、座席は狭い、窓を閉めているのに土埃が入ってくる・・・といった有り様。

約4時間でバンビエン到着。


バンビエンは小さな街。
1時間もあれば徒歩で全部見て回れる。

ここは空気がとてものんびりしてて、結構気に入った。
うるさい客引きも全然いないし。



自転車を借りて街周辺の探検に出かけた。

少し街から離れると道路は砂利道で、車が通るとものすごい土埃が舞い上がる。


ここでは牛をよく見かけた。
それも普通の道端で。
周りに牛を誘導している人の姿はなく、牛だけで歩いている。

[牛の散歩]
0086.jpg



散歩が終わったら、自ら柵の中へ帰っていく。

[牛の帰宅]
0088.jpg



牛のほか、豚、ニワトリが飼われていることが多かった。
基本、家畜は放し飼い。



橋を渡るとき、通行料を取られることが結構ある。
こんなしょぼい橋でも通行料を取られる。

[通行料5,000kip]
0087.jpg



ただの小さな村なのか、いわゆる少数民族なのかはわからないけど、想像していた通りの「ラオスの村」をいくつか通り過ぎた。

家は震度3くらいの地震で崩壊しそうな、本当に簡素な木造住宅。
子供たちは基本、裸足。
上はTシャツ、下はすっぽんぽんの子供も結構見かけた。
大人はかごを担いで収穫した農作物らしきものを運んだり、何かを作っていたり(何なのか分からないものが多かった)
どこへ行っても、水浴びしている人を必ず見かけた。
基本的にみんなおとなしくて、素朴な感じだった。



有名な観光スポットなどは特にないバンビエンだけど、結構気に入った。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.02-バンビエン

3カ国目、ラオス到着

11月25日(木)~26日(金)

21:40発の電車に乗るためアユタヤ駅に向かった。
駅に改札はない。
ホームにはバックパックを持った欧米人多数。

約20分遅れて電車到着。

人生初の寝台列車。
なかなか快適。

8:30頃、ノンカイ到着。
トゥクトゥクに乗って国境付近へ。

国境でタイの出国手続き。
タイとラオスの境にある川、メコン川に架かる橋をバスで渡る。
ラオス側に到着後、バスを降りて入国手続き。

人生初の陸路での国境越え完了。



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : ラオス.01-3カ国目ラオス到着

アユタヤ

11月23日(火)~25(木)

ようやくバンコクを離れて、アユタヤへ向けて出発。

***************************************************
アユタヤとはバンコクから北へ80kmの場所にある古都。
1300年代から1700年代にかけてこの土地を治めていた。
1700年代にビルマによって滅ぼされた。
建造物などはその時破壊された姿のまま、現在に至る。
世界遺産。
***************************************************

アユタヤ行きのシャトルバス乗り場目指して、宿の近くの市バスのバス停でバスを待つこと20分。
なかなか目的のバスは来ない。

タイ人のおっさんが話しかけてきた。
たぶん「どこいくの?」みたいなことだと思ったので、地図を見せて「ここ」と示すと、おっさんが周りの人に何か言っていた。
するとサラリーマン風の人が英語で行き方や料金などを詳しく教えてくれた。
しかも途中まで一緒に行ってくれるという。
タイ人の優しさに触れた。

僕が待っていたバスとは違うバスで目的地まで行けた。

目的地の戦勝記念塔に到着。
ここからアユタヤ行きのシャトルバスに乗る。
ここでも乗り場が全然わからず、いろんな人に教えてもらいながら行った。

アユタヤまでは1時間15分くらいで到着。

宿とって、荷物置いて、洗濯して、洗濯物干して。


宿で自転車を借りてアユタヤ散策へ出発。


宿のある場所は結構開発されている。
でも自転車でちょっと行くとすぐに遺跡が見えてくる。


破壊された遺跡の中を歩いていると、まるでゲームの中に迷い込んだような感じがした。
塔の中にはデスピサロがいそうな気がした。



0082.jpg


0078.jpg



ビルマ軍によって首を落とされた仏像↓


0081.jpg


首のない仏像が並んでいる↓

0080.jpg


木の根が、落とされた仏像の頭を覆い尽くそうとしている↓

0083.jpg


0084.jpg



寝てる仏像↓

0075.jpg








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : タイ.08-アユタヤ

バンコク病院のトイレ

11月17日(水


タイの人は排泄後、おしりは水で洗います。
古い家では桶で水をすくってかけるというスタイルらしいですが、大抵の家には水洗トイレがあるらしいです。
水洗トイレと言っても日本のウォシュレットのような便器があるわけではありません。


【バンコク病院のトイレ(大)】
0071.jpg


左側にあるホースの付いた”水発射装置”を自らおしりの下に持っていき、狙いを定め、発射します。
バンコクで見たトイレはどこもだいたいこんな感じでした。
トイレットペーパーは流さず、ゴミ箱に捨てます。
(下水道の設備が発達してないため。流すと配管が詰まる)




【バンコク病院のトイレ(小)】
0073.jpg


バンコク病院には小便器にも”水発射装置”がありました。
これは初めて見た。
どう使うんだろう?




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : タイ.07-バンコク病院のトイレ

予防接種 2回目

11月17日(水

1回目同様、バンコク病院にて予防接種2回目接種。

狂犬病と日本脳炎。

日本脳炎の注射はこれで終わり。
狂犬病は3週間後にもう1回。
A型・B型肝炎は3週間後と6ヶ月後に1回ずつ。

3週間後のやつははバンコクかチェンマイで受ける予定。

6ヶ月後はどこで受けようかな・・・?



テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : タイ.06-予防接種2回目

コンテンツ「写真」追加

右側の「現在地とルート」の下に「写真」を追加しました。
クリックすると別ウィンドウでGoogleの「Picasa ウェブアルバム」が開きます。
ここにブログで紹介しきれなかった写真を公開してます。

ほとんどの写真にはGPSログ(位置情報)を付けているので、右側にあるGoogleマップでどこで撮った写真なのか見ることが出来ます。
ただし、ときどきGPSのログがうまく取得できてなくて、実際に撮った場所とは違う場所を示していることがあります。
気付いたものは修正してますが、全部確認するのはめんどくさいので間違っているものもあると思います。

また、写真それぞれに説明文を付ける機能がありますが、それもめんどくさいのでやってません。

写真は基本的には時系列で並んでます。




tag : このブログについて.04-コンテンツ「写真」追加

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
10 ≪│2010/11│≫ 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。