スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジアの12月31日

12月31日(金)

カンボジアでは旧正月(1月下旬から2月上旬。年によって違う)を盛大に祝う。
よって12月31日は何の日でもない。
街は普段と何ら変わりなし。


数年ぶりに紅白歌合戦を観た。
本当はガキの使いが観たかったけどカンボジアでは放送してない。
21:30頃、紅組トリのドリームズ・カム・トゥルーが出た。
「もうトリ!?」と思ったけど、そういえばカンボジアは日本との時差が-2時間だった。


いつもは静かなのに、この日の夜は外が騒がしかった。
欧米人たちが騒いでいるようだった。


0:00、遠くで花火の音が2分くらい鳴り続けていた。
カンボジアでも一応、2011年の幕開けを祝っていた。





スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.12-カンボジアの12月31日

キリング・フィールド

12月30日(木)

トゥール・スレンで拷問にあった人はトラックでここに運ばれ、殺された。そして埋められた。

この場所には地面を掘った大きな穴が多数ある。
ポル・ポト政権崩壊後、埋められた遺体を掘り起こした時に出来た穴。
その時掘り起こされた多数の遺骨と衣服はこの場所の中央にある慰霊塔の中に収められている。


【慰霊塔】
0174.jpg




【犠牲者の遺骨】
0175.jpg





殺され方は様々だったらしい。
銃で撃たれたり、殴り殺されたり、首を吊ったり・・・。



小さな子供は木に叩きつけられて殺された。

【虐殺の様子(トゥール・スレン博物館展示物)】
0176.jpg




【Killing Tree】
0178.jpg




この木の隣の小屋が建てられている所からは多数の子供の遺体が発見された。




見学者が歩く道の地面から、埋まっている布切れの一部が見えていることがある。
これは被害者の衣服らしい。
雨や風で地面がさらされ、姿を現している。


【地面に埋もれていた被害者の衣服】
0179.jpg




日本人の感覚では全ての遺品を回収すべきと思うが、カンボジアではそうではないらしい。

衣服だけではなく、遺骨までも未だ回収されず、一部が地面から姿を現している場所もあった。(さすがに遺骨がある所には囲いがあり、入れないようになっていた)




ここは恐ろしい場所ではあるが、今はそんな雰囲気は全くない。


【遺体が掘り起こされた時に出来た多数の穴】
0180.jpg




緑が多く、野花も咲いていて、蝶々もたくさん飛んでいた。





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.11-キリング・フィールド

トゥール・スレン博物館

12月25日(土)

カンボジアの負の遺産。
1975年から1979年にかけてのポル・ポト政権の狂気を伝える博物館。

ポル・ポトは自身の完全理想社会を築きあげるべく、わずか4年の間に自国民150~200万人を拷問の上、虐殺した。
当時のカンボジアの人口は800万人。4人に1人が殺された。

中でも、知識人など人々に影響を与え得る人(自身の反乱分子となり得る人)は徹底的に殺された。学者、教師、大学生、医者、技術者、僧侶、歌手、役者など。ただの農民でもメガネを掛けているだけで知識人だとされ、殺された。

たった35年ほど前に実際に起こった出来事。



この博物館は実際に拷問が行われていた場所。元は高校の校舎だった。
この場所に"容疑者"として連れてこられた罪の無い人々が酷い拷問を受け、数km先にある「キリング・フィールド」と呼ばれる場所で殺された。

このような拷問施設やキリング・フィールドはカンボジアには数多く存在する。




【トゥール・スレン博物館_外観】
0166.jpg




拷問が行われていた部屋には鉄製のベッドが1つぽつんと置かれていた。
壁には拷問後の被害者の写真が展示されていた。
このような部屋がいくつもあった。


【拷問の部屋】
0167.jpg




被害者の写真も多数展示されていた。
これらの写真は拷問・虐殺前に撮影されたものらしい。


【被害者の写真】
0168.jpg




狭く、暗い独居房に被害者は閉じ込められていた。


【独居房】
0169.jpg




当時の様子を描いた絵が多数展示されていた。


【拷問_1】
0170.jpg




【拷問_2】
0171.jpg




【拷問_3】
0172.jpg




【拷問_4】
0173.jpg





その他、虐殺された人々の多数の人骨や、拷問に使用された道具、被害者が強制労働させられている様子を写した写真、拷問・虐殺に関わった人物の当時を振り返っての思いを語った言葉などが展示されていた。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.10-トゥール・スレン博物館

Burly Guest House

12月23日(木)

カンボジアの宿はコストパフォーマンスの良い所が多い。
たいていの宿はシングルでファン(扇風機)、シャワー、トイレ、TV、タオル付きで10ドル以下。
TVはケーブルテレビが観れて、日本語NHKも観れる。


この日から泊まったBurly Guest Houseは素晴らしかった。


【Burly Guest House】
0165.jpg





シングルでファン、シャワー(ただしお湯は出ない)、トイレ、TV、タオル、窓、ペットボトルの水、Free Wi-Fi付きで7ドル。

部屋はとても清潔で広い。
ベッドのマットレスは低反発で寝心地最高。
何も言わなくても毎日部屋を掃除をしてくれる(ゲストハウスでは普通は掃除してくれない)。そのたびに水をくれる。
スタッフの対応も丁寧で好感が持てる。


ここはゲストハウスではなく、もはやホテルだ。
結局11泊もしてしまった。





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.09-BurlyGuestHouse

プノンペン

12月22日(水)

プノンペンはカンボジアの首都。
大型ショッピングセンターもあるし、おしゃれなカフェなどもたくさんある。
街は活気に満ち溢れている。

カンボジアは貧しい国というイメージがあったが、少なくともこの街に貧しさはない(ように見える)。


内戦が終わって以来、徐々に経済は回復し、今では「10年前の中国」と言われるほど。
外国企業の誘致に力を入れているらしい。
そういえば、確かに新しい建物や店は外国資本のものばかり。
中でも中国系と韓国系の企業が目立つ。


このままではカンボジアは中国と韓国になってしまう。




テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.08-プノンペン

プノンペンへ移動

12月21日(火

6:30、チェックアウト。
ピックアップに来ていたマイクロバスに乗って、バスターミナルへ移動。

7:30、バス出発。
バスの内装はぼろいが、真新しい液晶TVが付いている。LG電子製。
クメール語(カンボジアの公用語)の吹き替え映画が流されていた。



【LG電子製液晶テレビ付きバス】
0162.jpg




【バス_外観】
0163.jpg





途中休憩を挟みつつ、6時間ほどでプノンペン到着。


バスを降りると、トゥクトゥクやバイクタクシーのドライバーが一斉に寄ってきた。
あまりにもウザい。


本当にカンボジアはこういう客引きが酷過ぎる・・・。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.07-プノンペンへ移動

アンコール遺跡_3日目(ちょっと遠い所にある遺跡)

12月19日(日)


最終日はちょっと遠い所にある遺跡を見に行った。

途中の道は粒子の細かい砂の道で、自転車ではとても走りにくかった。



【プラサット・バッチュム】
0152.jpg




【チャウ・スレイ・ビボール_1】
0153.jpg




【チャウ・スレイ・ビボール_2】
0154.jpg




【チャウ・スレイ・ビボール_3】
0155.jpg




【パンテアイ・サムレ】
0156.jpg









最後にもう一度アンコール・トムのバイヨンに行った。
ここが一番好きだった。



【アンコール・トム_バイヨン_1】
0157.jpg




【アンコール・トム_バイヨン_2】
0158.jpg




【アンコール・トム_バイヨン_3】
0159.jpg




【アンコール・トム_バイヨン_4】
0160.jpg




【アンコール・トム_バイヨン_5】
0161.jpg








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.06-アンコール遺跡3日目(ちょっと遠い所

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。