スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

5月31日(火)

<南京大虐殺>
日中戦争(1937~1945)初期に日本軍が中国の南京で行ったとされる大虐殺。
中国政府の発表では、虐殺された中国人の数は30万人以上。日本、中国を含む他の研究者の間ではそれぞれ20万人~0人と研究者によっても見解が全くバラバラ。
「そもそも南京大虐殺などなかった」という主張をする研究者もいるほど。
今のところ、30万人どころか、1万人の遺骨も発見されていない他、諸説によって30万人というのは多過ぎるというのが大半の見解。

南京大虐殺は日中関係においても複雑でやっかいな問題であり、中国側の外交カードにも使われる。



<侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館>
南京大虐殺を後世に伝えるために中国政府が建てた記念館。
中国各地に存在する”愛国主義教育基地”の一つ。
中国政府が定める中国国内の観光スポットのランクA~AAAAA級の中で、AAAA(クアドラプルA:quadruple A)級。
日本では"南京大虐殺記念館"と呼ばれている。
【入場料:無料】






今日は侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館(南京大虐殺記念館)へ行く。


新幹線で上海から南京へ。

9:59、上海出発。
11:15、南京駅到着。


地下鉄を乗り継いで、侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館へ。

0486.jpg




入口を入ると、モニュメント。

0486-2.jpg




いたる所に300000の文字。

0487.jpg

0488.jpg

0489.jpg





博物館内の展示物の説明文は中国語、英語、日本語。
日本語の訳が変な所もときどきもある。

0490.jpg




天井にも300000の文字。
前のスクリーンには被害者と思われる人の写真。
壁には被害者のものと思われる名前。

0491.jpg

0492.jpg





館内で写真を撮っていると警備員に怒られたので、館内の写真はここまで。
でも撮影禁止の案内は見当たらなかった。
写真を撮っていた中国人も同じように怒られていた。




館内には日中戦争でいかに日本軍が酷いことをしていたかを伝える様々な展示物があった。




別の建物には、遺骨が発見された時の状態のまま展示されていた。

0493.jpg


日本では考えられない。日本だとちゃんと掘り起こして供養すると思う。
カンボジアのトゥールスレン博物館のようだと思った。







いろいろな負の遺産の博物館を見てきたが、そのどれもが二度と同じような事が繰り返されることがないよう、多くの人にその事実を伝え、同じ過ちを繰り返さないで欲しいというメッセージを伝えるために造られたものだった。

でもここは、そういったメッセージより、「日本軍はこんなに残虐な行為を行った!」「日本軍は悪魔のような奴らだ!」「日本人は悪い奴らだ!」といったメッセージを伝え、反日感情を植え付けるためだけに造られたもののように思えてならない(自分が日本人だから、無意識のうちに日本びいきな目で見てしまうからなのかもしれないけど・・・)。


愛国主義教育基地というより、反日主義教育基地だった。





僕は”大”かどうかは分からないが、戦争中であるが故、多少なりとも虐殺はあったかもしれないと思う。
虐殺行為は”大”であろうと”小”であろうと許されるものではない。

でも中国政府による根拠のない”30万人押し”はちょっと気に入らない。







スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.20-侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館

中国の新幹線

5月31日(火)

南京へ行くため上海駅へ行った。


0603.jpg




自動券売機で中国版新幹線”和諧号(わかいごう)”の切符購入。【146元(約3,640円)】。

0604.jpg

0605.jpg




荷物をX線に通してから、待合室で待つ。
時間になったら検票して、和諧号に乗り込む。

0606.jpg

0607.jpg

0608.jpg





この和諧号は、またの名を”パクリ号”。


日本が中国に新幹線を売る際、その技術も提供することが条件だった(ドイツも技術提供している)。
その技術は中国国内でのみ使用可能という約束だった。
しかし中国は新幹線をちょっとだけ改良し、「中国が独自に開発した技術である」と主張し、中国の”和諧号”として海外に売り込みをかけている。
さらにアメリカなど世界各国でこの技術の特許の取得も考えているらしい。(6月下旬、特許出願済みであることが明らかになった)
もしそうなったら日本とドイツで猛抗議することになるはず。(現時点ではどのような技術に対して特許を出願したのかが分からないため、「冷静に見守る」らしい。特許の内容が明らかになった時点で技術提供に関する規定に違反していたら「提訴も検討する」とのこと)




外観も内装も完全に新幹線そのもの。

ちなみに、駅構内や電車の周りでは写真大好きな中国人たちが全く写真を撮っていなかったので、たぶん撮影禁止。




車内には女性の客室乗務員もいる。


9:59、出発。予定時間より1分早い。



ジュースやお菓子の車内販売も来る。
でも通り過ぎるスピードが速過ぎて誰も買わない(買えない)。



11:15、南京駅到着。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.19-中国の新幹線

中国のすき家

5月30日(月)

僕は牛丼チェーン店の中ではすき家がダントツで一番好き。
そのすき家が中国にもある。
そこにすき家があるのなら行かなければならない。



吉野家は街の中心部を中心に展開しているのに対し、すき家は郊外を中心に展開している。
それがすき家の戦略。
中心部に住む少数の富裕層より、郊外に住む大多数の中所得層をターゲットにしている。




地下鉄を乗り継いで、すき家のある場所まで行った。
あると思っていた場所にすき家はなく、歩きまわってようやく発見した。
すき家はショッピングセンターの中にあった。



すき家はなかなかの繁盛ぶり。
テーブルには店員呼び出しボタンもあった。日本のものと同じ。



さすがすき家、メニューは豊富。

0598.jpg

0599.jpg

0600.jpg

0601.jpg



どれにしようか迷ったが、カツカレー大盛りを注文。【24元(約300円)】

0602.jpg




味はちょっと期待はずれだった。
最近の日本のすき家のカレーを全然食べてないので味を比べることは出来ないが、昔の”すき家の特製カレー”にははるかに劣る。
カツもそれほどおいしくはなかった。


次は牛丼を食べてみようと思う。





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.18-中国のすき家

上海の景色

5月30日(月)

上海っぽい景色を撮影した。


0477.jpg

0478.jpg











テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.17-上海の景色

結婚相手探し

5月29日(日)

人民広場(上海中心部にある公園)に行った。


ある一帯にたくさんの人だかりがあった。
全員おじさん、おばさん。


その人達は地面や掲示板のような所に並べられている紙を真剣な表情で眺めている。
その紙には「男」「女」の文字。その下には年齢と思われる数字やその他各種情報。

0467.jpg

0468.jpg





最初は求人の案内かと思った。

でも周りを見たら、写真付きの紙もある。
写真は若い男性と女性のものばかり。


0469.jpg




これで分かった。


以前ニュースで見たことがある。
中国は一人っ子政策の弊害で日本以上の少子化が進んでいるため、若者の結婚相手が見つからない。
だから親が都会に出てきて、人が集まる場で結婚相手を探している。

この場がまさにそれ。




自分の子どものプロフィールを書いた紙と一緒におみやげ的なものをおいている人もいる。

0470.jpg



おみやげで結婚相手を釣ろうとしているらしい。





そんな光景を撮影していたら、中国人のおばちゃんに「ドウント」と言われたのでその場を去った。



面白いものが見れた。








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.16-結婚相手探し

中国のUFO

5月28日(土)

中国版UFOを食べた。
魚香肉絲(ユーシャンローシー。細切り肉の四川炒め)味。
”魚香”は四川料理でよく使われるソースの名前、”肉絲”は肉の細切り。


0462.jpg

0463.jpg



中国のカップラーメンには中にフォークか箸が入っている。

0464.jpg



湯切り口は日本のもののように麺が出るのを防ぐような二重シート構造にはなってない。

0465.jpg

0466.jpg





さすがUFO。
うまかった。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.15-中国のUFO

焼き小龍包と焼き餃子

5月27日(金)

毎朝、宿の近くの食堂前で焼き小龍包と焼き餃子を売っている。
近所の中国人たちが朝食に買っていく。


今日買ってきて宿の部屋で食べた。

0597.jpg


焼き小龍包と焼き餃子それぞれ4個入り(焼き餃子は撮影前に1個食べた)【5元(約60円)】


噛んだ瞬間、反対側から汁がぷしゅーっと飛び出した。
中は汁がたっぷり。

うまかった。


でも、小龍包も餃子も味が同じなので8個も食べると飽きた。





テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.14-焼き小龍包と焼き餃子

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
04 ≪│2011/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。