スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴビ砂漠ツアー予約

6月30日(木)

モンゴルに来たらやらなければならないこと。
それは”ゴビ砂漠ツアーに参加する”。


いろいろな旅行会社やツアーを主催している宿に行って情報収集した。
その結果、今泊まっている宿とは別の宿が主催しているツアーに参加することにした。
ほとんどの旅行会社や宿のツアーは参加人数によって値段が変わる(人数が多ければ値段が安くなる)のに、僕が予約した宿のツアーは1人1日40ドル。固定制。
6泊7日なので40ドル×7日と言われたのに、請求された金額はなぜか240ドル。モンゴルのお金で300,000トゥグルグ(約19,300円)支払った。


出発は明日。






スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : モンゴル.03-ゴビ砂漠ツアー予約

ウランバートル

6月29日(水)

<ウランバートル>
モンゴルの首都。
モンゴルの全人口260万人中、100万人がこの都市に暮らす。
名実ともにモンゴルの政治・経済の中心地。



モンゴルと言えば、大草原、遊牧民、ゲルといったイメージしかなかったが、ここは首都。さすがにそういったイメージとはかけ離れている。
道路は車で大渋滞が起きていたり、大型ショッピングセンターや、シャネル、ヴィトンなどのブランドショップもある。
道行く人は東京のど真ん中を歩いていても全く違和感のないくらいおしゃれな人も多い。


でも、だからと言ってすごく発展しているわけではない。

0631.jpg

0632.jpg

0633.jpg



首都のど真ん中だけど、こういう場所もある。

0634.jpg










テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : モンゴル.02-ウランバートル

モンゴル到着

6月28日(火)

7:30、起床。


国境で車両の台車を交換した際に、食堂車も”豪華なモンゴル版食堂車”に交換されているはずなので、それを見に行った。
が、完全に普通の食堂車だった。中国側で見たものとほとんど同じだった。もしかしたら交換されていないのかもしれない。




客室乗務員にノートを渡された。
そのノートにはこの電車に乗った人達の感想などが書かれていた。
「何か書け」ということらしい。適当に書いておいた。




中国側からモンゴルに近付くにつれ、窓の外の景色は、建物の数が減り、草原が多くなってきていた。
そして今日、窓の外は見渡す限りずっと草原。
建物は一つもない。
しかし今、向こうにビルや家の群れが見える。

13:30、モンゴルの首都ウランバートル到着。

この旅10ヵ国目。



電車を降りると日本語で話しかけられた。
宿の客引き。
宿の名前を聞くとガイドブックに載っていた宿だったので付いて行った。

その宿にチェックイン後、ウランバートル散策。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : モンゴル.01-モンゴル到着

モンゴルへ移動

6月27日(月)

今日は1ヶ月ちょっといた中国に別れを告げ、モンゴルへ向けて出発する。

7:00、北京北駅到着。

モンゴル行きの国際列車の改札には長い行列。
ほとんどがバックパックを担いだ欧米人。その中に数人、朝青龍のそっくりさんが混ざっている。

切符に書いてある発車予定時刻は7:47だけど7:45に発車。


車内はなぜかすごく豪華。
通路には赤いじゅうたん、窓にはレースのカーテン。各客室の扉も立派。

0627.jpg



客室は4人部屋。
ベッドの足側にはモニターが備え付けられている。頭側にコントローラー。でも何も映らなかった。

0626.jpg

0628.jpg



トイレもきれい。

0629.jpg



食堂車に行ってみた。

0630.jpg


この食堂車は中国とモンゴルの国境で”質素な中国版食堂車”から”豪華なモンゴル版食堂車”に交換されるらしい。






僕と同じ部屋にはドイツ人男性。途中からイギリス人とオーストラリア人のカップルが合流。
最初は4人で話していたけど、途中から彼らの英語に全くついていけなくなったので、ひとり、本を読んだり窓の外を眺めたり。





20:40、中国側国境到着。
15分後、車掌が来て「ショッピング」と言ってきた。電車の外に出て買い物に出ていいということらしい。



駅の中のスーパーでパンなどの食料を買って戻ってきたら、さっきまで乗っていた電車の姿がない!


実はこの国際列車は中国側の国境で車両の”台車(車輪の部分)”を交換する。
中国とモンゴルでは線路の幅が違うため、そのままでは走ることが出来ない。よって台車を交換する。
車両を一旦工場内に入れ、そこで2時間ほど交換作業を行う。

この交換作業は車両に乗ったまま見学することが出来るという情報は得ていたので、ぜひ見学したいと思っていた。

でも肝心の車両がない!
どうやらさっき降りてはいけなかったらしい。それは知らなかった。




23:20、台車を交換し終えた電車到着。
23:53、中国側国境出発。

0:05、モンゴル側国境到着。

入国審査。車掌が入国カードやパスポートを回収&返却。

1:15、モンゴルの首都ウランバートルへ向け出発。







テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.41-モンゴルへ移動

万里の長城

6月24日(金)

<万里の長城>
春秋戦国時代に築かれた異民族や隣国の襲来を防ぐための土壁を、中国統一を果たした秦の始皇帝(紀元前259~210年)が繋ぎあわせ、北側の国境地帯を守ったのが歴史の始まりと言われてる。
長城が現在の規模になったのは明(1368~1644年)の時代で、モンゴルの侵入を防ぐため、より長く、より強固なものになった。
全長約6,000km。世界唯一、宇宙からも見える建造物。
1987年、世界文化遺産に登録された。
【25元(約310円)】




万里の長城を見学出来る場所は何箇所かあるが、僕は北京から最も行きやすいと言われる”八達嶺長城(はったつれいちょうじょう)”に行くことにした。



地下鉄で八達嶺長城行きのバス乗り場のある徳勝門へ。

12:00、徳勝門出発。【12元(約250円)】
13:05、八達嶺長城到着。

チケットを購入して入場。


観光客がたくさんいた。日本人、中国人、欧米人、インド人、黒人など多数の人種。世界中の人にとって人気の観光地なんだなと思った。
でも僕は元々それ程興味なかったので、大きな感動はなし。


0618.jpg

0619.jpg

0620.jpg

0621.jpg

0622.jpg



壁の外側を歩けるところもある。

0623.jpg






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.40-万里の長城

故宮、天安門広場

6月22日(水)

<故宮>
明、清の歴代皇帝と皇后が暮らした宮殿。1406年の建設開始から1912年の清朝最後の皇帝退位まで、24人の皇帝が暮らした。
広大な中華帝国の中心となった場所が、そのまま故宮博物院となりその姿を今に伝えている。収蔵する文化財はおよそ93万4000点。
世界遺産。
【入場料:一般60元(約730円)、学生20元(約250円)】


<天安門広場>
南北880m、東西300mの巨大な広場。
一説には50万人とも100万人ともいわれる大規模集会を開催することが出来る世界最大級の広場。
天安門事件の現場。
【無料】





故宮。
天安門を通って行く。毛沢東の写真が飾ってある門が天安門。

0586.jpg

0587.jpg

0588.jpg

0589.jpg

0590.jpg

0591.jpg




僕は、三国志など中国の歴史関係にはあまり興味がないので、特に面白くはなかった。
ざーっと見て、すぐ出た。
感想は「おおきいなあ。広いなあ」




故宮のすぐ目の前に天安門があり、道路を挟んで天安門広場がある。
天安門から天安門広場に行くには地下道を通って行く。
広場への出口手前でX線の荷物検査がある。
でも係員はモニターを全然見てないので、やっている意味が無いような気がする。



天安門広場。

0592.jpg

0593.jpg

0594.jpg

0595.jpg








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.39-故宮と天安門広場

北京到着

6月20日(月)

8:25、予定通り北京到着。


北京にまた戻ってきたのは、中国のあとモンゴルに行くので、北京でモンゴルのビザを取得するため。
モンゴルに行くにはビザが必要、とガイドブックに書いてあったから。
でも僕の持っているガイドブックは2007年~2008年バージョンのもの。
北京行きの電車のチケットを購入したあと、ネットで衝撃的な事実を知った。

"2010年4月1日より、滞在期間が30日以内ならビザ不要"

この事実を知っていたら、また北京に戻ってきたりしないで他の都市に行っていたのに・・・。
香港の時同様、事前の下調べ不足を悔やんだ。


もうめんどくさいので中国の他の都市には行かず、予定通りこのまま北京からモンゴルに行くことにした。
でもビザは取らない。






モンゴル行きの国際列車のチケットを買いに行った。

大きくて立派な国際ホテルの中にチケット売り場がある。
入るとき、ちょっと緊張した。

無事チケット購入。【1,360元(約16,530円)】

出発は来週の月曜日。






テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.38-北京到着

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
05 ≪│2011/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。