スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス入国

8月31日(水)

今日は電車(ユーロスター)でドーバー海峡を通って、フランスのパリからイギリスのロンドンに行く。
チケットは何日か前にネットで購入済み。【91.50ポンド(11,500円)】

イギリスの入国審査はとても厳しいということで有名。ちゃんと入国できるかちょっと心配。





夕方、パリの北駅へ。

改札を通って、ユーロスターチェックイン場へ。
フランスの出国審査はさらっと通過。
その後、すぐにイギリスの入国審査がある。ここはまだフランスなのに。ここで捕まった。


女性審査官は、はじめはにこやかに対応していた。滞在日数、滞在目的、イギリス内での行き先、トータルの旅行期間などを質問。イギリス内での行き先を聞かれたとき、あらかじめiPhoneに入力しておいたスケジュールを見せたら「オ~ケ~イ」と、とてもいい感じだった。
これは入国は楽勝だなと思った。

しかし、最後の最後、
「イギリスの次はどこへ行きますか?」-「スペインです」
「チケットは持ってますか?」-「いいえ」

この瞬間、一気に女性審査官の顔色が変わった。

「持ってない!?どうして?」-「イギリス内で買うつもりだから」
「どうして前もって買わなかったんですか?」-「買う時間が無かったから」
「今現金はいくらもってますか?」-「20ユーロとクレジットカード2枚と国際キャッシュカード1枚」
「クレジットカードはいくらまで使えるんですか?」-「100万円くらい(ウソ)」
「それはユーロかポンドかドルではいくらですか?」-「11000ユーロくらい」

次の瞬間、目の前のパソコンをケーブルから抜き、それを持って「こっちへ来なさい」と言われ、そばにあったイスに座らせれた。審査官は部屋の中へ。
しばらくして出てくると、また質問攻め。

「日本にはいつ帰るんですか?」-「10月(ウソ)」
「日本に帰るチケットは持ってますか?」-「いいえ」
「どうして持ってないんですか?」-「ヨーロッパで買うつもりだから」
他にもいろいろ聞かれた。(何を聞かれたか忘れた)

また審査官は部屋の中へ。

しばらくして、男の審査官が来て、別室へ入るよう言われた。
部屋の中で荷物検査。バックパックはちょっと開けただけで終わり。
ショルダーバッグは念入りに調べられた。荷物に関する質問はなかった。
調べ終わると男は出て行った。

しばらくして、また女の審査官が入って来た。
「ヨーロッパに来たのはいつですか?」-「7月27日です」
「どこから入ったんですか?」-「アムステルダムです」
「日本に帰るのはいつですか?」-「10月半ばくらいです(ウソ)」
「仕事はいつから始まるんですか?」-10月末からです(ウソ)」
「休暇に入ったのはいつからですか?」-「6月末です(ウソ)」
「会社名を教えて下さい」-「Nogami Kenchikuです(ウソ)」
「なんの会社ですか?」-「僕は大工です(ウソ)」
「ここ(入国カード)には大工ではなく、Office Wokerと書いてありますが」-「大工はOffice Wokerじゃないんですか?」
「違います。Office Wokerとは会社内でパソコンなどを使って仕事をする人です」-「そうなんですか。知りませんでした(ウソ)。すいません」
「旅行が終わったらここでまた働くんですね」-「はい(ウソ)」
「現金はいくらあるんですか?」-「20ユーロです」
「たったそれだけですか?」-「クレジットカードを持ってます」
「もしかしたら銀行に残高が無くて、使えないクレジットカードという可能性もあります。残高証明書は持ってますか?」-「持ってません。でも銀行にお金はあります」
「イギリスで働きますか?」-「いいえ」
「イギリスの滞在予定日数は2週間なんですね」-「はい」

他にもいろいろ質問された。何を聞かれたかは忘れた。

部屋から出るよう言われ、またさっきのイスに座らされた。審査官はまた部屋へ。
しばらくして出てくると、パスポートを渡して「必ず2週間で出るのよ!」と言って、ようやく解放してもらえた。

全体で約30分くらい。
疲れた。
まさかこんなことになるとは・・・。でも無事通過できたし、いい経験が出来たからよかった。



でも何で出国用のチケットを持ってないというだけでこんなに厳しく調べるんだろう?
もし不法就労や不法滞在が目的だったら、出国用のチケットを買っておいて、イギリスに入国してからそれをキャンセルするということも可能なはずなのに。
出国用のチケットを持っていたら絶対に不法就労や不法滞在をしないということが言えるんだろうか?




その後、飛行機のように、荷物をX線に通して、自分も金属探知機を通った。

ようやく電車に乗れた。


18:40出発。

約1時間後、トンネルに入った。ドーバー海峡かと思ったら、またすぐに地上に出た。そんなことが何回かあった後、その後はずっとトンネル。

20:30ごろ地上へ出た。
iPhoneが電波をキャッチして、時計が1時間早まった。

21:12、ロンドン到着(現地時間20:12)


<イギリス>

uk100.gif

首都・・・ロンドン
公用語・・英語
通貨・・・ポンド。1ポンド=約125円(2011年9月)
時差・・・-8:00(4月-10月)、-9:00(11月-3月)

正式名称は"グレートブリテン及びアイルランド連合王国"。イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国の連合王国。
この旅22カ国目。



今日はロンドンには泊まらずに、バスでスコットランドの首都エディンバラまで行く。
バスのチケットはネットで購入済み。【37.40ポンド(約4,680円)】

地下鉄でビクトリア駅へ。
駅から歩いてバスターミナルへ。

イギリスのバスターミナルのシステムは中国のよう。たぶん中国が真似したんだろうが。
バスが来るまで待合室で待ち、バスが来て準備が出来ると、バス乗り場への入場が可能になる。


23:00出発。














スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イギリス.01-イギリス入国

モン・サン・ミッシェル

8月30日(火)

今日はモン・サン・ミッシェルに行く。

<モン・サン・ミッシェル>
フランス北西部の島に建つ修道院。
966年に建設が開始され、数世紀に渡って増改築が繰り返された後、16世紀になってようやく現在の姿に落ち着いた。
かつては引き潮の時のみ現れる自然の陸橋によってのみ島に行くことが出来たが、1877年に道路が建設された。
世界遺産。
【入場料9ユーロ(約1,000円)】




モンパルナス駅からレンヌ駅までの往復電車チケット購入。【111.6ユーロ(約12,280円)】
9:00、出発。
11:00、到着。


レンヌ駅からはバスでモン・サン・ミッシェルまで行く。
駅を出てバス停でキョロキョロしていると、モン・サン・ミッシェル案内係みたいな人が話しかけて来て、バス乗り場を教えてくれた。
モン・サン・ミッシェル行きのバスはバス停じゃなくて、バスターミナルから出ている。【11.7ユーロ(約1,290円)】

11:30、出発。
バスの中は日本人だらけ。日本のツアーバスかと思うくらい。
12:45、到着。



0924.jpg





島の入り口から修道院の入り口にかけて、土産物屋やレストランなど。
日本語の看板やレストランのメニューなども多数あった。

チケットを購入して、修道院内へ。

修道院の中は日本人ツアー客多数。
修道院の造りは他の地で見た教会などとはなんか違う。


0925.jpg

0926.jpg

0927.jpg

0928.jpg

0929.jpg

0930.jpg





モン・サン・ミッシェルはお金(約1万5千円)と時間(往復7時間)をかけてまで見に来る必要はなかったなと思った。
写真で十分。










テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.06-モン・サン・ミッシェル

ノートルダム大聖堂、凱旋門など

8月29日(月)

今日はヴェルサイユ宮殿に行く。

<ヴェルサイユ宮殿>
1682年、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿。
パリから南西20kmの位置にある。
世界遺産。




ヴェルサイユ宮殿最寄りの駅までの電車が出ている駅に行った。チケット売り場でチケットを買おうとすると、売り場のおばちゃんが「どこ行くの?」というから「ヴェルサイユ宮殿」と言うと「今日は休みだよ」と言う。マジで?ガイドブックを見ると休みの日は月曜日となっていた。
明日はモン・サン・ミッシェルに行くし、明後日はもうイギリスに行くので、ヴェルサイユ宮殿には行けない。なんてこったい。
ヴェルサイユ宮殿はあきらめた。







ノートルダム大聖堂と凱旋門に行った。

<ノートルダム大聖堂>
フランス中世建築の代表作。
4世紀頃に建設された建物を前進に1163年に着工され、1330年頃完成した。
フランス革命時に甚大な被害を被り、19世紀半ばに大修理が行われた。
【ミュージアムパス使用】



0911.jpg

0912.jpg

0913.jpg

0914.jpg

0915.jpg

0916.jpg







<凱旋門>
1805年、フランス軍の勝利を記念してナポレオンが着工を命じたもの。
完成までに30年を要した。
ナポレオンは完成前に亡くなったため、遺体となってこの凱旋門を通った。
【ミュージアムパス使用】




0917.jpg

0918.jpg

0919.jpg

0920.jpg

0921.jpg

0922.jpg

0923.jpg








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.05-ノートルダム大聖堂、凱旋門など

ルーブル美術館、エッフェル塔など

8月28日(日)

今日はパリ市内を観光する。



ルーブル美術館でミュージアムパス(多数の美術館や博物館などに入れるパス)購入。【35ユーロ(約3,850円)】


<ルーブル美術館>
"モナリザ"ミロのヴィーナス”などの有名美術品をはじめ、エジプト、オリエント、ギリシャ、エトルリア、ローマの古代美術、絵画、彫刻、美術工芸品、家具、デッサン等、30万点を超える作品を収蔵する。
世界遺産。
【ミュージアムパスで入場】




0901.jpg

0902.jpg

0903.jpg

0904.jpg

0905.jpg

0906.jpg

0907.jpg






<エッフェル塔>
1889年建設。324m。
世界遺産。
【4.7ユーロ(約520円)】



0908.jpg

0909.jpg

0910.jpg















テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.04-ルーブル美術館、エッフェル塔など

パリへ戻る

8月27日(土)

シャルルビル・メジエールからTGVと普通の電車を乗り継いでパリに戻った。









テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.03-パリへ戻る

Cabaret Vert(Atari Teenage Riot)

8月26日(金)

今日はCabaret Vert(キャバレー・ヴェール)というミュージックフェスティバルに行く。
この旅初めてのちゃんとしたライブだし、Atari Teenage Riotが出るのですごく楽しみ。

<Cabaret Vert(キャバレー・ヴェール)>
パリからTGVで約1時間半のところにあるシャルルビル・メジエールという小さな街で開催されるミュージックフェスティバル。
今年は8月26日、27日、28日の3日間開催される(僕が行くのは26日だけ)。【1日券32ユーロ(約3,520円)】



東駅からTGV乗車。チケットは昨日買っておいた。【41.1ユーロ(約4,520円)】
今度のTGVはきれいだった。


シャルルビル・メジエールに着くと、雨。今日のライブが心配。


雨に濡れながら予約しておいた駅前のホテルに行った。

フロントでフランス語会話集を使いながらチェックインの手続き。でも、どうも様子がおかしい。受付のおばちゃんは英語は全く出来ない様子。身振り手振りで何か伝えようとしている。どうやら部屋は満室ということらしい。でも僕はネットで予約した。ホテルから確認メールもちゃんと届いた。予約したのに泊まれないというのは納得出来ない。そこで予約がある証拠を見せるため、iPhoneでこのホテルから届いたメールをおばちゃんに見せた。するとおばちゃんは画面を指さしながら一言、「Full」。
このメールは全部フランス語で書かれていた。僕は当然フランス語なんて読めない。予約した後すぐに届いたこのメールには「ご予約ありがとうございます。スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております」的なことが書かれているとばかり思っていた。でも実際は「この日は満室です」だった。ちゃんと確認すべきだった・・・。




仕方ないのでそのホテルを出て、宿さがし開始。
小さい街で観光名所も全然なさそうだから宿は少ないだろうし、フェス中だから満室の所も多くて宿探しは苦労するだろうと思ったけど、1件目に飛び込んだところであっさり部屋が見つかった。




フェスは14:00から始まっていたけど、観たいアーティストは夜からだし、早めに行っても暇だろうから、夜まで久々のシングルルームでまったり。




19:00過ぎ、ようやく出発。

20分ほどで会場到着。

ボディーチェックを受けてから、チケットをリストバンドに交換して会場内へ。


0899.jpg





会場内での飲食や物販には専用のコインが必要らしい。現金をそのコインに両替して使用する。

ステージは2つ。交互にライブが行われる。

会場内の案内などは全部フランス語。英語表記一切なし。





僕が観たいのはAtari Teenage RiotとIggy and the Stoogesだけなので、それまで適当に暇つぶし。







21:00頃、アタリのライブが行われるステージに行った。

0900.jpg



ステージの準備中、ほんの一瞬アタリ独特の電子音が鳴っただけで「ウォー!!」と歓声があがった。






21:30頃、ライブ開始。
1曲目は11年ぶりのニューアルバムの1曲目"Activate"。
久々のライブ。久々の爆音。久々のモッシュ。やっぱライブはいい!
ライブは基本的に新譜の音源中心だった。
最後はやはり"Revolution Action"。イントロの「アクショーン!!」がなかったのが残念。ニック・エンドーが言うと思っていたのに(オリジナルの音源はハニン)。昔からライブではこの部分は言わないのか?でも曲自体はとても良かった。

初アタリは完全燃焼とまではいかなかったけど、でも十分満足だった。
紅一点のニック・エンドーが予想以上にカッコ良かった。
アレックが何回も欽ちゃんジャンプみたいなことしてた。ちょっと笑いそうになった。




[Activate、Atari Teenage Riot、Blood In My Eyes (live at Fji Rock Festival 2011) / Atari Teenage Riot]





[Black Flags / Atari Teenage Riot]





[Speed / Atari Teenage Riot]





[Revolution Action / Atari Teenage Riot]





[Berlin Riot (1999年のベルリンでの路上ゲリラライブ。機動隊が出動するほどの暴動に発展)]







アタリが終わって、イギーを観に行った。
お客さんの年齢層が高い。
おなじみの”I wanna be your bog”も演った。



[I wanna be your dog / Iggy Pop & The Stooges]






その後、名前がすごく気になっていたSexy Sushiを観に行った。
女性ボーカルのエレクトロユニット。

セクシー寿司、悪くない。



[A bien regader / Sexy Sushi]






0:00頃、セクシー寿司の途中で帰った。






久々のライブはすごく楽しかった!
アタリは去年のサマソニとワンマンで2回、日本でライブをしてるけど、その時は旅立ちの2ヶ月だったから節約のために行かなかった。後になってすごく後悔した。だから今回行けて本当によかった。











テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.02-CabaretVert(AtariTeenageRiot)

パリへ移動

8月25日(木)

今日は電車でスイスのジュネーブからフランスのパリへ移動する。
チケットは昨日購入済み。【118スイス・フラン(約11,450円)】


ホームに行く前にパスポートチェックがあった。


9:40、出発。

今日の電車はフランス版新幹線”TGV”。どんな電車なのか興味あったけど、あんまりよくなかった。
シート汚くて、ちょっと狭い。トイレも汚い。たまたま古い車両だったのか?

13:00頃、フランスのパリ(リオン駅)到着(パリにパリ駅はない)。


<フランス>

フランス

首都・・・パリ
公用語・・フランス語
通貨・・・ユーロ。1ユーロ=約110円(2011年8月)
時差・・・-7:00(4月-10月)、-8:00(11月-3月)




<パリ>
フランスの首都。
芸術の都。
ヨーロッパで最も移民の多い都市のひとつ。人口の約20%が移民。




地下鉄。
パリの地下鉄はスリやひったくり多いと聞いていたので、細心の注意を払いながら宿へ向かった。




宿に荷物を置いて、外出。





パリには移民が多いということはガイドブックに書いてあったが、昔からイメージする”パリ”というのは”人も街も何もかもがおしゃれで洗練された街”という感じだったので、移民というのはいまいちピンと来なかった。でも実際に街を歩いてみると、ガイドブックに書いてあったことは本当なんだということが実感できた。

黒人がとても多い。歩いている人も、店の中も黒人ばっか。まさに黒人街。
イメージしていた”パリ”とは全くかけ離れている。
後から知ったことだけど、その時歩いていた場所はパリの中でも特別黒人の多い地域だったらしい。
それにしても、こんなに黒人が多いとは思わなかった。


そして汚い。道路にゴミが多い。
物乞いもいる。
信号無視する人も多い。


これがパリだった。








テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : フランス.01-パリへ移動

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2011/08│≫ 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。