スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の寝台列車

5月24日(火)

中国の寝台列車はなかなか快適。


寝台は3段。
今回の僕のベッドは一番上。
一番上はインドの電車より高さは低くて狭い。あぐらをかいて座れるほどの高さはない。
でも、寝台は結構ふかふかだし、毛布、枕、真っ白なシーツもあってなかなか快適。

0457.jpg

0458.jpg



真ん中も一番上と同じくらいの高さ。
一番下はあぐらをかいて座れるほどの高さがあるので、下が一番快適。
でもインドの電車同様、一番下は昼間、みんなの座席として使用していいことになっているようだが、あまり座る人はいない。
なぜなら通路側に折りたたみの椅子があって、みんなそこに座るから。
インドの電車にはそんな椅子はないため、下の座席にぎゅうぎゅう詰めで座っていた。
だから僕はインドの電車では一番上が好きで、中国の電車では一番下が好き。



トイレはやはり垂れ流し式。(垂れ流しじゃない電車もある)
でも意外ときれいだった。



電車の中は意外と静か。
中国人はうるさいイメージがあったので意外。



頻繁に飲み物やお菓子、カップラーメンなどを乗せた台車がやってくる。
朝・昼・晩は駅弁なども売りに来る。
インドでは寝ている人を起こすくらいの勢いで売っていたが、中国では真逆。
ほとんど売る気なし。
ものすごいスピードで駆け抜けていく。



中国はカップラーメン文化。
誰も彼もが、いつ、どこででもカップラーメンを食べている。
電車の中にはカップラーメンに使うためのお湯を注ぐ装置が備え付けられている。お湯は無料。




電車の中は頻繁にほうきで穿いている。だから比較的きれい。
だが裏を返せば、それだけ頻繁に穿かなければいけないくらいすぐにゴミが散らかるということ。
中国人はゴミを床に捨てることに抵抗がない人が多い。特に年配の人。




スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.09-中国の寝台列車

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。