スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の新幹線

5月31日(火)

南京へ行くため上海駅へ行った。


0603.jpg




自動券売機で中国版新幹線”和諧号(わかいごう)”の切符購入。【146元(約3,640円)】。

0604.jpg

0605.jpg




荷物をX線に通してから、待合室で待つ。
時間になったら検票して、和諧号に乗り込む。

0606.jpg

0607.jpg

0608.jpg





この和諧号は、またの名を”パクリ号”。


日本が中国に新幹線を売る際、その技術も提供することが条件だった(ドイツも技術提供している)。
その技術は中国国内でのみ使用可能という約束だった。
しかし中国は新幹線をちょっとだけ改良し、「中国が独自に開発した技術である」と主張し、中国の”和諧号”として海外に売り込みをかけている。
さらにアメリカなど世界各国でこの技術の特許の取得も考えているらしい。(6月下旬、特許出願済みであることが明らかになった)
もしそうなったら日本とドイツで猛抗議することになるはず。(現時点ではどのような技術に対して特許を出願したのかが分からないため、「冷静に見守る」らしい。特許の内容が明らかになった時点で技術提供に関する規定に違反していたら「提訴も検討する」とのこと)




外観も内装も完全に新幹線そのもの。

ちなみに、駅構内や電車の周りでは写真大好きな中国人たちが全く写真を撮っていなかったので、たぶん撮影禁止。




車内には女性の客室乗務員もいる。


9:59、出発。予定時間より1分早い。



ジュースやお菓子の車内販売も来る。
でも通り過ぎるスピードが速過ぎて誰も買わない(買えない)。



11:15、南京駅到着。







スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.19-中国の新幹線

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。