スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルへ移動

6月27日(月)

今日は1ヶ月ちょっといた中国に別れを告げ、モンゴルへ向けて出発する。

7:00、北京北駅到着。

モンゴル行きの国際列車の改札には長い行列。
ほとんどがバックパックを担いだ欧米人。その中に数人、朝青龍のそっくりさんが混ざっている。

切符に書いてある発車予定時刻は7:47だけど7:45に発車。


車内はなぜかすごく豪華。
通路には赤いじゅうたん、窓にはレースのカーテン。各客室の扉も立派。

0627.jpg



客室は4人部屋。
ベッドの足側にはモニターが備え付けられている。頭側にコントローラー。でも何も映らなかった。

0626.jpg

0628.jpg



トイレもきれい。

0629.jpg



食堂車に行ってみた。

0630.jpg


この食堂車は中国とモンゴルの国境で”質素な中国版食堂車”から”豪華なモンゴル版食堂車”に交換されるらしい。






僕と同じ部屋にはドイツ人男性。途中からイギリス人とオーストラリア人のカップルが合流。
最初は4人で話していたけど、途中から彼らの英語に全くついていけなくなったので、ひとり、本を読んだり窓の外を眺めたり。





20:40、中国側国境到着。
15分後、車掌が来て「ショッピング」と言ってきた。電車の外に出て買い物に出ていいということらしい。



駅の中のスーパーでパンなどの食料を買って戻ってきたら、さっきまで乗っていた電車の姿がない!


実はこの国際列車は中国側の国境で車両の”台車(車輪の部分)”を交換する。
中国とモンゴルでは線路の幅が違うため、そのままでは走ることが出来ない。よって台車を交換する。
車両を一旦工場内に入れ、そこで2時間ほど交換作業を行う。

この交換作業は車両に乗ったまま見学することが出来るという情報は得ていたので、ぜひ見学したいと思っていた。

でも肝心の車両がない!
どうやらさっき降りてはいけなかったらしい。それは知らなかった。




23:20、台車を交換し終えた電車到着。
23:53、中国側国境出発。

0:05、モンゴル側国境到着。

入国審査。車掌が入国カードやパスポートを回収&返却。

1:15、モンゴルの首都ウランバートルへ向け出発。







スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : 中国.41-モンゴルへ移動

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。