スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴビ砂漠ツアー-6日目

7月6日(水)

6:30、起床。


風が弱まっていたので、キャメルライディングが出来ることになった。


ラクダは怒ると危ないそうなので、体勢をくずしたりしてラクダを怒らせない様に、ラクダに乗りながらの撮影は禁止。鞄も持っては行けない。

0696.jpg

右から、地元のラクダ使い、オランダ人妻、ジャンレノ、オランダ人夫、タコヤキ。




ラクダは2コブラクダ。
僕のラクダだけ前のコブがグニャっと曲がっていた。コブは結構柔らかい。
ラクダのコブは脂肪の塊。砂漠で何日間も食料にありつけなくても生きて行けるよう、脂肪が蓄えられている。背中にあるのは、照りつける日差しから身体を守るため。




最初は、左のラクダの手綱をその右の人が持ち、その人のラクダの手綱を更にその右の人が持つ、というようにして1列になって歩いた。
30分ほど歩いた後、今度は各自、自分のラクダの手綱を持って歩いた。
自分で手綱を持つと完全に自分でラクダを操らなければならないのでちょっと恐かったけど、すぐに慣れた。

「ダウンジャケットを着てくればよかった」と後悔するほど寒かったけど、楽しかった。



1時間ほどのキャメルライディングを楽しんだ後、すぐに車に乗り込んで出発。

8:15、出発。




途中、教科書で見たようなゴビ砂漠の風景に出会う。

0697.jpg




14:00、昼食。リンゴ入りクリームコーンパスタ。



ラクダ?

0698.jpg





17:00、アルバイヘールという町に到着。


この町でシャワーを浴びた。

ジャンレノとオランダ人夫婦は8泊9日のツアーなので、僕だけ明日、バスでウランバートルへ帰る。
ここでバスチケット購入。18,000トゥグルグ(約1,170円)。




19:30、ゲル到着。

このゲルには薪ストーブがあって暖かい。その分、外は寒い。



21:30、夕食。


22:00、就寝。




スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : モンゴル.11-ゴビ砂漠ツアー6日目

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。