スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アムステルダム到着

7月28日(木)

6:00(現地時間)、アムステルダム到着(フライト時間:12時間)。

この旅11ヵ国目。

<アムステルダム>
オランダの首都。
オランダはドイツ、フランスと共にユーロ圏の優等生と言われる。
自転車王国。



入国審査の時、帰りの航空券を持っているか聞かれた。
「持ってない」と答えると、別室へ連れていかれた。
イギリス以外のEUの国は入国審査は厳しくないと聞いていたのに。

別室で今後の予定など、さっき聞かれたことと同じ事を、今度は詳細に聞かれた。
「アムステルダム→ベルギー→ドイツを1ヶ月かけてまわって、日本に帰る。航空券はドイツで買う」と言っておいた。
「現金はいくら持っている?」と聞かれ、財布の中身を全部見せた。数千円と数十ドルとクレジットカード2枚。
現金が少ないことが不満だったようだが、15分ほどで開放してもらえた。

対応は結構丁寧だった。「さすがヨーロッパ」と思った。





空港から市内への電車での移動でちょっと戸惑った。

駅には改札がない。
電車の中でチケットのチェックがあるのかなと思っていたが、それもなし。
降りた駅で改札を通る、もしくは駅員にチケットを渡すのかと思ったが、それもなし。
改札のようなものはあるけど、ゲートがない。日本などでは、改札は通常ゲートが閉まっていて、チケットを入れるとゲートが開いて通れるようになる。でもここにはゲート自体が存在しない。チケットを入れる場所もない。周りの人を見ていると、全員素通り。

これではタダ乗りし放題なんじゃないのか?


後日知ったこと↓
・ヨーロッパの多くの国では駅に改札はない。
・チケットを購入後、自分でホームなどに設置されている機械でチケットにスタンプを押してから乗車する。ときどき車掌が車内でチケットのチェックをする。この時チケットにスタンプが押されていなかったら、例えチケットを持っていても高額な罰金が取られる。
・高速列車などはスタンプを押す必要はない。必ずチケットのチェックに来る。
・チケットは地下鉄、バス、トラム(路面電車)で共通。






宿に到着後、荷物を預けてアムステルダム散策に出掛けた。


アンネ・フランクの家に行った。

<アンネ・フランクの家>
第二次世界大戦中、ユダヤ系ドイツ人であるアンネ・フランクとその家族がドイツ軍によるユダヤ人迫害から逃れるため、1942年から2年間隠れ住んだ家。

一家はドイツ国内でのユダヤ人迫害から逃れるためドイツからオランダに亡命した。その後、1940年にオランダがドイツ軍に占領され、オランダ国内でもユダヤ人迫害の波が押し寄せたため、この隠れ家に移り住んだ。
この隠れ家は1944年にドイツ軍に発見され、一家は強制収容所に移送された。
アンネは1945年3月に収容所内の劣悪な環境によりチフスを患い、15歳の若さでこの世を去った。

アンネがこの家で書き綴った日記は「アンネの日記」として世界65ヶ国語以上に翻訳され出版されている。

この家は現在、博物館として一般公開されている。
館内撮影禁止。【8.5ユーロ(約950円)】



開館は9:00。8:45の時点で20~30人並んでいた。

館内の展示物は、英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語、フランス語による説明があった。「ヨーロッパに来たんだなあ」と実感した。

「アンネの日記」は小学校か中学校の国語の教科書に一部が掲載されていたので少しは読んだことあるが、全部は読んだことはない。いつかちゃんと読んでみようと思った。

10:00頃出ると、行列が3倍くらいになっていてビックリした。早めに行っておいてよかった。





アムステルダムは市内に運河が網の目状に広がっている。
こういう景色が多い。

0706.jpg

ヨーロッパの建物は道路に面した側が全て同一線上にあり、さらに隣の建物同士ががくっついている。
だからとても均整がとれていて、すっきりしている。





オランダは自転車王国。
中国よりも自転車に乗る人が多く見かけた。

0707.jpg






周りを歩いている人は見た目は普通の欧米人。でも聞こえてくる言葉は英語じゃない。たぶんオランダ語。




イスラム系の人をよく見かけた。やはり移民が多いよう。




18:00頃、すごく眠い。これが時差ボケというやつなのか?









スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : オランダ.01-アムステルダム到着

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。