スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッキンガム宮殿

9月13日(火)

今日はバッキンガム宮殿に行く。

<バッキンガム宮殿>
1703年にバッキンガム公(貴族)の私邸(バッキンガムハウス)として建てられたものを、1762年に王室が買い上げ、莫大な費用をかけて改装した宮殿。
現在はエリザベス女王の住まい。
通常は中は見学できないが、エリザベス女王がスコットランドに滞在している8月~9月にかけて一般公開されている。
【入場料 一般:17.50ポンド(約2,190円)、学生:16ポンド(約2,000円)】




午後、宮殿でチケットを買ったら「次は16:00からです」と言われた。予約制らしい。

15:50、改めてバッキンガム宮殿へ。


荷物をXに通して、オーディオガイド(無料)の機械を受け取って、見学開始。

内部は撮影禁止。

絵画や豪華な装飾品がたくさんあった。
エリザベス女王が着たウェディングドレスもあった。

最後になぜかカフェとお土産屋もある。お土産屋には"バッキンガム宮殿カップ"、"バッキンガム宮殿チョコレート"、"バッキンガム宮殿クッキー"などがあった。当然何一つ買わなかった。

0975.jpg

0976.jpg

0977.jpg

0978.jpg







ここには立派な絵画がたくさんあったので、そういうのが好きな人は楽しめると思う。
イギリスのある大衆紙で"イギリスで最もつまらないアトラクション"として紹介された事があるらしい。"最もつまらない"とまでは思わなかったけど、16ポンドの価値は全くなかった。


















スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : イギリス.13-バッキンガム宮殿

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。