スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリング・フィールド

12月30日(木)

トゥール・スレンで拷問にあった人はトラックでここに運ばれ、殺された。そして埋められた。

この場所には地面を掘った大きな穴が多数ある。
ポル・ポト政権崩壊後、埋められた遺体を掘り起こした時に出来た穴。
その時掘り起こされた多数の遺骨と衣服はこの場所の中央にある慰霊塔の中に収められている。


【慰霊塔】
0174.jpg




【犠牲者の遺骨】
0175.jpg





殺され方は様々だったらしい。
銃で撃たれたり、殴り殺されたり、首を吊ったり・・・。



小さな子供は木に叩きつけられて殺された。

【虐殺の様子(トゥール・スレン博物館展示物)】
0176.jpg




【Killing Tree】
0178.jpg




この木の隣の小屋が建てられている所からは多数の子供の遺体が発見された。




見学者が歩く道の地面から、埋まっている布切れの一部が見えていることがある。
これは被害者の衣服らしい。
雨や風で地面がさらされ、姿を現している。


【地面に埋もれていた被害者の衣服】
0179.jpg




日本人の感覚では全ての遺品を回収すべきと思うが、カンボジアではそうではないらしい。

衣服だけではなく、遺骨までも未だ回収されず、一部が地面から姿を現している場所もあった。(さすがに遺骨がある所には囲いがあり、入れないようになっていた)




ここは恐ろしい場所ではあるが、今はそんな雰囲気は全くない。


【遺体が掘り起こされた時に出来た多数の穴】
0180.jpg




緑が多く、野花も咲いていて、蝶々もたくさん飛んでいた。





スポンサーサイト

テーマ : 世界一周
ジャンル : 旅行

tag : カンボジア.11-キリング・フィールド

コメントの投稿

非公開コメント

最新情報

twitter < > Reload

最新記事
カテゴリー別記事一覧
↓クリックすると展開します
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在地とルート


View 現在地とルート大きな地図で見る
青:飛行機、茶:バスなど
赤:電車、水:フェリー
  
写真

● ラオス - ルアンパバン
● ラオス - バンビエン
● ラオス - ビエンチャン
● タイ - アユタヤ
● タイ - バンコク
● オーストラリア - アデレードとカンガルー島
● オーストラリア - シドニー
● オーストラリア - ウルル
● オーストラリア - アリススプリングスからウルルへ
● オーストラリア - ダーウィン
● オーストラリア - ケアンズ
● 日本 - 大阪

出発からの時間


プロフィール

takoyaki

Author:takoyaki
生年月日:1983年5月12日 
性別:男

2010年10月10日改め2010年10月14日から2年間の世界一周の旅に出ています。


メールフォーム

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:


RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。